原材料へのこだわり

社長写真
木下製餡

Farm to table
’’生産者(農場)から消費者(食卓)へ’’

よいあんをつくるためには、よい原料が必要。

そして生産者の方々が大切につくって下さった、原料のおいしさをお客様へお届けしたい。

そのために私たちはできるかぎり添加物、着色料、保存料を使わない味づくりをしています。

北海道十勝産小豆

厳選された北海道十勝産小豆を使用するのはもちろんですが、その年にとれた最高の豆を仕入れております。
また定期的に産地へ足を運び、生産者の声を聞き、製造に活かしております。
社長写真
社長写真

小豆の皮を肥料に

あんこをつくる過程で出る小豆の皮には食物繊維などの栄養分が豊富に含まれています。
せっかくの良い小豆を無駄にしたくないとの想いから、小豆の皮を堆肥として加工し、農家様へ提供・販売しております。

豆の品質管理の
ために

よい豆を仕入れてもその品質管理ができていなければ、風味は劣化していきます。
そこで弊社では、最適な温度で豆を保管できるように立体倉庫で豆を保管しています。
厳選された豆を一度に買い付けて、適切な温度管理を行うことで、コストも抑えながらも、お客様に風味豊かなあんこをお届けすることができます。
社長写真

埼玉県産越生町
ゆず・うめ
(越生町ゆずあん・うめあん、越生町ゆず・うめ羊羹)

埼玉県越生町は関東有数のゆずとうめの産地。昼と夜の寒暖差が大きく、香り高く、果肉の厚いゆず・うめがとれます。皮、果汁を手作業で丁寧に加工し、あんへ。ゆず・うめのおいしさを丸ごと楽しめます。
練あんや羊羹としてご用意しております。

埼玉県産川越いも
(川越いもペースト・川越いもあん・川越いも羊羹)

埼玉県三芳町の阿部農園でとれた川越いも。収穫期にとれた川越いもを手作業で丁寧に皮むき、蒸かして、ペースト状にしています。
練あんや羊羹として、また川越いもペーストとしても販売しております。
社長写真